松坂大輔2016年現在の球速とフォーム!怪我が原因で引退危機!?

松坂大輔 2016 現在 球速 フォーム 怪我 原因 引退

平成の怪物と呼ばれ、日本球界で多くの実績を残してきた松坂大輔選手。

現在は怪我が原因で引退危機とまで囁かれているようですが、2016年はあの剛速球と全盛期のフォームを取り戻し復活することはるあるのか…?

全盛期の活躍ぶりをリアルタイムで見てきた僕からすると、もう一度あの輝きを少しでも取り戻して欲しい願っています。

スポンサードリンク

松坂大輔2016年の急速とフォーム

西武時代多くのファンを魅了してきた松坂大輔選手ですが、近年は怪我に悩まされ本来のピッチングには程遠いのが現在の状態。

2016年も各球団キャンプ入りをし、松坂大輔選手の復活劇には個人的にも注目をしています。

最近は連日、松坂大輔選手のキャンプでの状態が報道されていますが、かなり調子も上向きになってきているようですね!

メスを入れた右肩の回復も順調のようで、ブルペン入りもしていますしね。

松坂大輔選手といえば、150kmを超える剛速球も売りでしたが、ケガで調子を崩して以降はその剛速球も見え隠れしています。

2016年現在も、怪我の状態が回復傾向にあるとはいえ、全盛期当時の150kmを超えるスピードを投げられるまでの回復には程遠いのが現状でしょうね。

このまま順調に回復しローテーション入りを果たしたとしても、平均球速は140km前半がぐらいが妥当なんじゃないかと。

年齢の衰えもそうですし、再発防止も含め、全盛期のような速球で打者を抑えるピッチングの組み立てはもうできないでしょうね。

そして、以前から違和感を指摘されていた投球フォームですが、2016年キャンプでのブルペン入りの動画を見てみると、フォームも以前に比べしなやかさが戻ってきているような感じもします。

まだまだ全盛期本来のフォームには程遠いかと思いますが、2015年に比べ格段と良くなっているようにも思えました。

スポンサードリンク

松坂大輔、怪我が原因で引退危機!?

2016年で9月で36歳の誕生日を迎える松坂大輔選手ですが、近年の度重なる怪我により、野球ファンの間では『もう復帰は無理なんじゃないか…』と、一時期は引退説まで流れていましたね。

2011年に肘の手術を受けて以降、メジャーでは思うような結果が出ずに苦しい時期を過ごしていましたが、2015年に日本球界に復帰。

個人的にはこの選択はよかったのではないかと思います。

日本では既に実績を残しているのと同時に球団側も実力を考慮してそれなりに待ってくれますからね。

松坂大輔選手本人も焦ることなく調整ができているんじゃないでしょうか。

メジャーだと活躍できなけれすぐぽいっとされる印象があるだけに、日本でゆっくりと治す選択はありだったんじゃないかと。

2015年の肩の手術で『もう無理だろ』なんて声も飛び交っていたかと思いますが、個人的にもあと1〜2年が勝負なんじゃないかな〜と思っています。

今の状態で1年間ローテーションをを守れるのか怪しいところですが、まだ二桁ぐらいの成績を残せる力は十分あるんじゃないかと。

今のところ肩の回復具合も良好のようですし、今年は期待したいところですね!

それでは、今回はこの辺で!

またKAZUKICHI LIFEに遊び来てくださいね〜☆

スポンサードリンク