ふじようちえんの倍率と屋上テラス・園舎がスゴイ!入園方法と見学について【画像】

ふじようちえん 倍率 屋上 テラス 園舎 入園 方法 見学 画像

7月24日放送の『情熱大陸』に『ふじようちえん』の園長・加藤積一さんが出演するみたいだね〜!

なんでも世界から注目を集めているという『ふじようちえん』とのことだが、屋上テラスの園舎がスゴイ(;・∀・)w

そんな『ふじようちえん』の入園方法や見学、倍率について本記事では触れていきたいと思う!

スポンサードリンク

ふじようちえんの屋上テラス・園舎がスゴイ!

現在世界から注目を集めているという、東京都立川市にある『ふじようちえん』!

連日世界からの視察が訪れるという注目っぷりとのことだが、なぜそこまで日本の幼稚園の1つである『ふじようちえん』に世界が興味を持つのか…?

それは幼稚園であるにもかかわらず規格外の大きさと建築デザインが注目されている1番の要因なのかもしれないね!

幼稚園では考えられない屋上テラスが存在し、その広さは1周180メートルもあるというから驚き(;・∀・)w

ふじようちえんの屋上テラスの画像がこちら

一瞬、現在建設中の新国立競技場かと思うくらいの園舎のデザインセンス!!

こんな幼稚園とは程遠いデザインセンス持ち合わせた園舎を採用した幼稚園は日本全国、いや、世界を探しても初めての試みなのかもしれない(;・∀・)

これだけの広さは採用したのは、情熱大陸にも出演を果たした園長・加藤積一さんの『待機児童問題』に積極的に取り組んでいる結果とも言えるのかもしれないね!

画像を見ただけもなぜ世界から注目を浴びている幼稚園なのかが一目瞭然ですな!

スポンサードリンク

ふじようちえんの倍率・入園方法・見学について

さて、ここからは具体的に『ふじようちえん』に我が子を入園させるためにはどうしたいいのかを考えていきたいと思う!

これだけ注目を浴びている幼稚園となるとやはり気になるが倍率だと思う(;・∀・)

諸説あるが、26年度3歳児一般募集では入園募集枠53名に対し、入園希望者は100名以上にも達していたと言われているみたいだね。

今から数年前で倍率が2倍近かったということは、現在のメディアへの露出を考えると今後の倍率は2倍以上は当たり前の人気の幼稚園と考えていいのかもしれない。

ちなみに平成28年度の3歳児一般募集は200名と、人気に伴い募集枠も増えている様子。

さて、具体的な入園・見学方法だが、詳しくは下記『ふじようちえん』の入園案内を見てもらうのが1番だと思う(;・∀・)w

『ふじようちえん』入園案内のページはこちらから

基本的には、

入園資料請求→入園希望園児の各種体験→入園希望者説明会→願書配布・願書提出→入園面接

という流れになっているみたい。

入園希望者が募集枠以上となれば、入園面接によって合格不合格が出てくるということだよね(;・∀・)

上記ふじようちえん入園案内ページを見ると、資料請求をしなくても説明会や体験見学のみ参加も可能みたいだから、『ふじようちえんに絶対入れたい!!』という親御さんは資料を説明会や体験見学の際にもらってしまうのが1番かもしれないね!

これからさらに注目が集まる予感がするだけに、我が子をふじようちえんに入園させることができれば親御さんも今後鼻高々となるかもしれない(笑)

でもさ、最終的には園舎がスゴイとかそういう理由ではなくて、子供を本当に楽しめたり、性格に合っていたり、親御さんが安心して預けられるという点を慎重に考えたいところだよね!

それでは、今回はこの辺で!

またKAZUKICHI LIFEに遊び来てくださいね〜☆

スポンサードリンク