中日元投手・宮下昌巳の今現在は?クロマティとの乱闘劇が懐かしい【動画】

中日 投手 宮下昌己 今 現在 クロマティ 乱闘 動画

巨人史上最強の助っ人と語り継がれるクロマティとの乱闘劇に巻き込まれた中日ドラゴンズの元投手・宮下昌己さんが2月19日の『爆報フライデー』に出演されますね!

あの出来事はある意味野球ファンにとっては名シーンとなっていますね(笑)

さて、そんな宮下昌己さんは今現在何をしているのか気になるところでもあります(・・?

スポンサードリンク

中日元投手・宮下昌己ってどんな人?

中日元投手の宮下昌己さんのについて軽く振り返ってみたいと思います。

1982年にドラフト6位で中日ドラゴンズに入団した宮下昌己さん。

調布市の中学校時代には甲子園のアイドル的存在だった荒木大輔さんと同級生だったそうですね!

荒木大輔さんは1982年にドラフト1位で東京ヤクルトスワローズに入団したのですが、同級生としてはこの格差について悔しい気持ちもあったのかもしれませんね(´;ω;`)

全盛期は速球派投手として活躍!

中日ドラゴンズ→西武ライオンズと渡り歩いた宮下昌己さん。

全盛期時代はMAX154キロの速球で打者をねじ伏せていた、剛腕投手だったそうです!

今や155キロ超えなんて当たり前の時代になってしまいましたが、当時の154キロってそうとう凄いことで騒がれていたんだと思います。

あの松坂大輔選手がデビュー戦で155キロをマークした際もファンはそうとうな驚きを隠せずにいましたからね!

しかし、現在は大谷投手のおかげで球速レベルの価値がグッと上がってしまったので、宮下昌己さんの154キロを聞いてもそこまで魅力的に感じないかもしれません(´;ω;`)(笑)

現役時代は主に中継ぎ投手として活躍していそうですが、入団から7年という短い期間でプロ野球界を去っています(´・ω・`)

スポンサードリンク

中日元投手・宮下昌己の今現在とは?

中日ドラゴンズに入団し、トレードで西武ライオンズに移籍することとなった宮下昌己さんでしたが、西武時代は一軍登板を果たせなかったそうです(´・ω・`)

そして、1991年に引退を決意してプロ野球界を去ったのですが…現在は何してるん(・・?

情報によると、引退後はステーキ屋のオーナーさんになたそうですが、ビルからの立ち退きでお店は閉店。

その後はなんと…アルバイトを転々としていたといいます。

プロ野球という世界で活躍していた選手がアルバイトにまで成り下がってしまうなんて、本人はどんな気持ちだんてしょうか(´;ω;`)

その後は家業を継いで、お米を配達しているんだとか。

154キロ投手がお米…(´・ω・`)

でも、家業を継いでいるんですから親孝行ですよね!

父親からしたら、プロ野球の世界に進んだ息子が家業を継いでくれるとは夢にも思っていなかったことでしょうし。

でも嬉しい半面、本音を言うとプロ野球界で活躍して欲しかったという気持ちも少なからずあったのかもしれません。

すごく複雑な心境だったのかもしれませんね。

中日元投手・宮下昌己とクロマティの乱闘劇を動画で振り返る

読売巨人軍、史上最強の助っ人として活躍したクロマティ選手との乱闘劇は今や語り継がれる程の名シーンとなっていますが、早速その様子を動画で振り返ってみたいと思います。

宮下昌己とクロマティの乱闘劇の動画はコチラから

クロマティの右ストレートめっちゃきまってますやん_| ̄|○

これは痛いw

しかし、宮下昌己さんもよく逃げずに立ち向かいましたよねww

男気ありますやん!!

男気ジャンケン勝てそうですやん!!

あ、その話はタブーですねw

両者このまま確執を残しているのかと思いきや、2013年に放送された『深イイ話』でクロマティと再開し、握手して和解してました!!

よかったよかった!!

現在は東京でシニアリーグのコーチも務めているそうで、プロ野球で活躍するようなスター選手を育て上げてもらいたいものですね!

それでは、今回はこの辺で!

またKAZUKICHI LIFEに遊び来てくださいね〜☆

スポンサードリンク