ジュディオングがペットロス症候群?原因や愛犬の種類ついて【画像】

ジュディオング ペットロス症候群 原因 愛犬 種類 画像

8月12日放送の『爆報!THEフライデー』に歌手として知られる、ジュディ・オングさんが出演するね〜!

なんでもジュディ・オングさんはペットロス症候群で苦しんだ過去があるとのことで、動物好きの俺からすると気になるところ(;・∀・)

そんなジュディ・オングさんを襲ったペットロス症候群の原因や愛犬の種類についても触れていこうと思う!

スポンサードリンク

ジュディオングがペットロス症候群?

台湾出身で現在は女優としても日本の芸能界で活躍し続けているジュディ・オングさん!

なんでもそんな息の長い芸能生活を送られているジュディ・オングさんを『ペットロス症候群』なるものが襲い掛かったというから少々驚きだ(;・∀・)

最近では福山雅治さんの結婚で『福山ロス』なんて言葉が巷を駆け巡っていたが、ペットロス症候群といものは簡単に言ってしまうと愛犬との永遠の別れが原因で精神的な病気を患ってしまうものみたいだね。

犬好きでも知られているジュディ・オングさんにそんなペットロス症候群なるものが襲い掛かったようだが、ペットロス症候群の具体的な症状は…

・うつ病
・不眠
・情緒不安定、疲労や虚脱感・無気力、めまい
・摂食障害(拒食症・過食症)
・精神病様症状(ペットの声や姿が一瞬現れた気がする錯覚、幻視・幻聴などの幻覚や、「今に帰ってくるのではないか」という妄想など)
・胃潰瘍など消化器疾患(心身症)

引用元:http://hibiomo.com/1665.html

というものらしい。

8月12日放送の爆報フライデーでは『身も心もボロボロ』だなんて言われていたみたいだがら、けっこう深刻な状態だったのかもしれないね。

そして、動物を飼っている人にとってみたら他人事ではないのかもしれない。

人間を含め、生き物というものはいつしか『生きる』という行為に終わりが定められているものだが、そんなことを当たり前のようにわかっている人間でさえも涙だを流し永遠の別れを惜しむものだ。

通常ならば人や動物との別れに直面しても時間が経てばいつもどうりの生活を送れるものだが、ジュディ・オングさのように精神的に病んでしまって、言い方悪いが人間ではなく愛犬との別れでさえ精神的におかしくなってしまうこともあるみたいだ。

今回ジュディ・オングさんが話されたペットロス症候群は愛犬や愛猫というペットという存在だからこそ、現在動物を飼われている人にとってみたら人間との別れとは違いある意味想像しやすいところもあるかもしれないね〜。

さて、ペットロス症候群を赤裸々に告白したジュディ・オングさんだけど、詳しい原因や愛犬の種類は何だったのか気になるところだ。

スポンサードリンク

ジュディオングのペットロス症候群の原因と愛犬の種類について

8月12日放送の『爆報!THEフライデー』で明らかとなったジュディ・オングさんのペットロス症候群。

ジュディ・オングさんは2度の愛犬との別れを経験しているなんて話で、1匹目は2008年に16年程飼っていたゴールデンレトリバーのブランディーくんとの別れ。

そして、2匹目は2013年にウエスト・ハイランド・ホワイト・テリアのパールちゃんとの別れ。

特にジュディ・オングさんは2匹目のパールちゃんとにはかなりの思い入れがあったようで、ペットロス症候群を本格的に発症してしまった原因はパールちゃんとの別れが大きかったのかもしれない。

現在はペットロス症候群の治療の影響も兼ねてか、医者から再度ペットを飼うことを進められ、アイリスちゃんという愛犬を飼われているみたい!

ジュディ・オングと愛犬・アイリスの画像はこちらから

種類はパールちゃんと同じウエスト・ハイランド・ホワイト・テリアっぽいね!

ちなみに、アイリスちゃんは出産していたて他にもジュディ・オングさんは数匹の犬を飼っているなんて話だ。

やっぱりペットロス症候群を治す1番の薬ってペットという存在なのかもしれないね〜。

よく愛犬や愛猫を亡くされた人って再度飼う人が多いけど、それって精神的に求めているからこそまた自然と飼うという行動に移るもんなんかな〜。

もちろ過去に飼った愛犬や愛猫を忘れてしまうことはないかもしれないけど、もう二度と別れという悲しみを経験したくないからといって飼うのを我慢してペットロス症候群になってしまうぐらいだったら、動物と触れ合える環境をまた確保するのは大切なことなのかもしれない。

犬にしろ、動物を飼うことに決めたのならジュディ・オングさんのように愛情いっぱいで接してあげて、最後まで責任持って飼うことが重要だね!

それでは、今回はこの辺で!

またKAZUKICHI LIFEに遊び来てくださいね〜☆

スポンサードリンク