スティーブウォズニアックの資産と現在!配偶者と天才の名言まとめ

スティーブウォズニアック 資産 現在 配偶者 天才 名言 まとめ

8月13日放送の『土曜プレミアム』にスティーブ・ウォズニアックが出演するね〜!

なんでもアップルの創業者・スティーブ・ジョブズを支えたとされるスティーブ・ウォズニアックだが、そんな彼の現在と資産はどうなっているのか気になるところだ(;・∀・)

また、資産の行方となる配偶者や天才との呼び声も高いスティーブ・ウォズニアックの名言をまとめてみた!

スポンサードリンク

スティーブウォズニアックってどんな人?

iPhoneやiMacなどでお馴染みのリンゴマーク、アップル!

現在ではパソコンのiMacよりもスマートフォンのiPhoneを作り出した企業としての認識の方が強いのかね〜(;・∀・)

特に若者になればなるほどその傾向は強いのかも!

ちょっと年齢層が上がると『アップルといえばパソコンのiMacだ!』という人も大勢いるのかもしれないが。

さて、今では世界屈指の大企業へと成長を遂げたアップル社だけど、そんな影響力の大きい会社を創り上げたことでも知られるのがスティーブ・ジョブズだよね!

しかし、現在のApple社の基盤とも言える存在のパソコンを作り上げ、共同創業者とも呼ばれるスティーブ・ウォズニアックを知らない人は意外と多いのかもしれない。

現にアップル製品が大好きな僕でもさえも、今回放送の土曜プレミアムにスティーブ・ウォズニアックが出演しなければ、遠分彼の存在を知ることはなかったかもしれないからね(;・∀・)w

さて、そんなスティーブ・ウォズニアックだが、スティーブ・ジョブズと『スティーブ』という名が同じだけど、特に血縁関係があるわけではないらしい。

Appleのパソコンはスティーブ・ジョブズが開発したと世間では思われているみたいだけど、実際スティーブ・ジョブズはデジタル技術に関してズブの素人だったらしく、そんな彼を支えたのがスティーブ・ウォズニアックという天才エンジニアだったというわけだ!

なので、『Appleのパソコン=スティーブ・ジョブズ』というのは実際は誤りと言っても過言ではなくて、現実的にはアップルのパソコンの原型を作り上げたのはスティーブ・ウォズニアックだということみたいね(;・∀・)

にもかかわらずスティーブ・ウォズニアックの名前が一般的にあまり知られていないのって、もちろんCEOという会社の看板がスティーブ・ジョブズであったということも大きいんだろうけど、それだけカリスマ性と経営者としての実力がスティーブ・ジョブズにはあったからこそなんだろうね〜。

あくまでもスティーブ・ウォズニアックはエンジニアという陰の立役者だったということだろう。

スティーブウォズニアックの資産と現在!

さて、前置きが非常に長くなってしまって申し訳ないんだけど、ここからが今回の本題!!

スティーブ・ジョブズのような大企業のCEOとなると生前でも故人となった今でも、お金というこれまでに築き上げてきた資産について注目されるものだよね〜(;・∀・)w

スティーブ・ウォズニアックも一般的にあまり知られていない存在かもしれないが、アップルの共同創業者となるとかなりの資産を保有しているのではないかと想像がつくわけだ。

そんなスティーブ・ウォズニアックの資産は、1981年頃で200億円以上との話も…。

しかし、その後自らが計画した某巨大ロックフェスで200億円以上を支出したとされている(;・∀・)w

とは言え現在も、お金は稼がれているようなのでスティーブ・ウォズニアック程の人物であれば数億、いや、数百億の資産を再度保有していてもなんら不思議ではないよね!

ちなみに現在はエンジニアとしては一線から退いているみたいで、世界各国の若者を対象に情報化教育活動という名で活躍しているらしいよ。

スポンサードリンク

スティーブウォズニアックの配偶者と天才の名言まとめ

さて、エンジニアとして天才との呼び声も高いスティーブ・ウォズニアックだけど、そんな彼に配偶者はいたのかも気になるところだ!

話によるとスティーブ・ウォズニアックは1980年に1度目の結婚をしたが離婚。

1987年に2度目の結婚をして3人の子供をもうけて再度離婚(;・∀・)w

その後3度目の結婚をして再度離婚という、1度の人生で3度の離婚を経験しているというから驚きだね(笑)

そして2008年に4度目の結婚をしたみたいだけど、その奥さんとは今のところ続いているらしい。

一部では結婚生活が続かない理由は『金銭感覚だ』なんて話もあるけど、あながち間違っていない気もするよね〜。

だって上述したようにロックフェスに200億円ものお金を出してしまう人物なんだから(;・∀・)w

やっぱり天才と言われている人ってどこか変人というか発想が普通じゃないという感じもあるよね(笑)

さて、ここからはそんな天才・スティーブ・ウォズニアックの名言とされる発言をいくつかまとめてみた!

「僕が何かをデザインすると、スティーブ(故スティーブ・ジョブス)はそれをお金にする手段をすぐに見つけてきた」

「僕は小学校の教師になりたかった。自分の全人生を通して、教育がすごく大切だということを知っているからね。子どもたちこそ未来だよ」

「教育にとって重要なのはお金より時間、子どもたちのそばにいる時間だ。だから教師という仕事は尊い。お金が余ったからとコンピュータを学校に寄付するよりも、自分の時間を子どもたちのために使うほうがずっと難しくて価値がある」

「子どもたちにエンジニアリングの楽しさを見せることは我々の重要な責任」

「ときどき、ただの問題解決をイノベーションだと勘違いしている人がいる。イノベーションにとって大切なのは知識よりもモチベーション。もっと知りたい、もっと良くしたいという情熱がなければイノベーションは起こらない」

「アイデアを思いついたら、まず自分自身でビルドせよ。それが脳を鍛え、イノベーションへとつながる」

「昔はコンピュータが意志や感情を持つなんてことはありえなかった。でもテクノロジは進化する。近い将来、スマートフォンは人間の感情を理解し、きっとあなたにとっての一番の友人になるだろう」

「ローマは一日にして成らず、あなたのアイデアも形にするには時間がかかるかもしれない。でもまずは最初の一歩を踏み出そう。結果は必ずあとからついてくる」

出典元:http://it.impressbm.co.jp/articles/-/10465

数々の名言を残しているね〜。

特に『教育にとって重要なのはお金よりも時間…』という名言には個人的に考えさせられるものがあるな〜。

3度離婚をしているとはいえ、やはり天才と呼ばれる人は中身も天才なんだよな〜(笑)

現在は若者の教育に力を入れているみたいだけど、天才を生むものは天才なのかもしれないね!

それでは、今回はこの辺で!

またKAZUKICHI LIFEに遊び来てくださいね〜☆

スポンサードリンク