iPhone7本体が熱い時の対処法|原因は防水機能か?

iPhone7 本体 熱い時 対処法 原因 防水機能

2016年9月16日つに発売日されたiPhone7!

新機種のiPhone7では一部で本体の発熱問題が騒がれているようだが、原因は今回の機種から採用となった『防水機能』にあるなんてことも言われているみたいだね(;・∀・)

もし自分のiPhone7が熱くなってしまったとき対処法はあるのだろうか…?

スポンサードリン

iPhone7本体が熱い時の対処法は?

待ちに待ったiPhoneの新機種発売により巷では何かと話題のアップル社だけど、早くも新機種であるiPhone7に問題が出始めているというから少々驚き。

その問題とは本体が熱くなる発熱問題…(;・∀・)

Androidのスマホだとよく聞く発熱問題だが、iPhoneでは初耳のような気もするな〜。

さて、問題は本体が熱くなった時の対処法なわけだけど、先ずそのまま使っている人はケースをすることなのかなと思ったんだけど、逆にケースって熱くなった時は外して放熱させた方が良いんだよね(;・∀・)w

多くの人がケースを使用しているけど、ケースを使うことによって熱さがあまり感じにくくなるかとは思うが、熱くなったときこそケースは外すべき!

次にゲームを控えたり、バックグラウンドで動いているアプリを消してみたりすること。

AndroidスマホiPhoneもゲームをやっているとやっぱり本体が熱くなりがちだからね〜。

そしてバックグラウンドで動いているアプリも消すことによってスマホに掛かる負担を減らしてあげることができるのでやってみるといいね!

あとはホームボタンと電源ボタンの長押しで強制リセットをし、電源を1度落としてしまうのが手っ取り早いかと(;・∀・)w

今後システム・ソフトウェアの更新でこの発熱問題は対処されていくだろうと思いがちだが、熱くなってしまう原因によっては難しいのかも…。

スポンサードリンク

iPhone7本体が熱い原因は防水機能?

発熱問題が騒がれているiPhoneシリーズの新機種だけど、一体原因は何なのかと気になるところだよね(;・∀・)

話によると、本体が熱くなってしまう原因は防水機能だなんて情報も出回っているみたいだ。

現にアップル社は過去にiPhoneを防水にしない理由として『発熱しやすくなる可能性があるから』と発言していたらしい…。

確かに言われてみれば、防水機能をiPhoneよりも先に取り入れたAndroidスマホでは度々発熱問題が話題になっているし、現にAndroidを何度か使ったことがある僕も『AndroidのスマホはiPhoneよりも熱い』という印象を受けていた。

実際に…

防水性に優れた端末ほど機密性の高さゆえに内部の熱が放出されず、熱くなるのに拍車を掛けてしまいます。

出典元:https://japan.norton.com/smartphone-heated-7749

なんてことも言われているから、やっぱり防水機能って放熱を少なからず邪魔している存在なんだね〜。

もちろん今回のiPhone7の発熱の原因が防水機能だけとは限らないわけで、実際にスマホが熱くなる原因にはバッテリーなんて場合もあるからね〜。

まぁ基本的にスマホ本体が熱くなる理由ってCPUの稼働による発熱が多いみたいなので、頻繁に強制リセットは面倒くさいのでバックグラウンドのアプリなんかをこまめに消したりしてCPUに負担をかけさせないよう心掛けることなのかも…(;・∀・)

参考:iPhone7をお風呂で使う時の注意点!お湯につけても本当に大丈夫?

それでは、今回はこの辺で!

またKAZUKICHI LIFEに遊び来てくださいね〜☆

スポンサードリンク