古坂大魔王とピコ太郎は同一人物?収入がPPAPのYouTube動画で激増?

古坂大魔王 ピコ太郎 同一人物 収入 PPAP YouTube 動画

現在若者の間で大ヒットをかましているYouTube動画『PPAP』(;・∀・)w

そんな大ブームを巻き起こしている人物こそがピコ太郎という者だが、彼の正体はお笑いタレントの古坂大魔王と同一人物ではないかとの声が多く挙がっている。

また、YouTube動画の大ヒットにより、古坂大魔王の収入は激増していることが予測される。

スポンサードリンク

古坂大魔王とピコ太郎は同一人物?

あの世界的アーティスト『ジャスティン・ビーバー』もハマっていると言われる、ピコ太郎の動画『PPAP』。

今も尚、海外セレブたちの間では口コミとして広がっており、現在世界で1番注目を集めるYouTuberと言っても過言ではないかもしれない(;・∀・)w

さて、そんな人気動画を輩出したピコ太郎氏だが、動画内ではサングラスにパンチパーマ、キラキラと光る衣装を身にまとい、その素性は謎に包まれていた。

しかし、『PPAP』の動画が国内で一気に話題となった現在、彼の正体はお笑いタレントやDJとして活躍する、『古坂大魔王ではないか?』との声が多く挙がっている。

ピコ太郎と古坂大魔王の比較画像がこちら

これは確かに同一人物と言っても過言ではない…(笑)

今のところ両本人が認めたという話はないようで、公然の秘密といったところだろうか。

さて、ピコ太郎の正体が古坂大魔王だというのはほぼ間違いない事実なのだが、古坂大魔王という名を聞いても現代の若者からしてみればあまりピンとこない名前かもしれない。

20代後半以上の世代となれば一度は聞いたことがあるという人もいるとは思うが、それでもこれまでに大ブレイクを果たしたという芸人さんでもないので知名度は低いのかもしれない。

彼は元々『底抜けAIR-LINE』というお笑いトリオとして活躍していたが、2008年頃からは古坂大魔王としてピンで活動をしている。

90年代前に大人気番組となっていた『ボキャブラ天国』を見ていた人なら、『あ〜!!』という声が挙がるかもしれない(;・∀・)w

ピコ太郎の設定上、古坂大魔王さんはテレビ番組のインタービューを受けた際も同一人物だということは否定しており、『あっちはしょうゆ顔じゃないですか。僕はソース顔なんで。』と、ボケに近い否定コメントを残している(笑)

スポンサードリンク

ピコ太郎こと古坂大魔王の収入が『PPAP』のYouTube動画で激増!?

ピコ太郎の正体を現在も否定し続けている古坂大魔王。

そんな彼が生み出した世界で話題のYouTube動画『PPAP』は、2016年10月時点で約6千万再生に近づこうとしている。

芸人でありながらYouTuberとして1発当てた彼だが、動画再生数に比例して古坂大魔王の収入は確実に右肩上がりなのは言うまでもないだろう。

現在空前のYouTubeブームの影響もあり、同動画投稿サイト内で活躍する人気YouTuberの金銭事情にも注目が集まっているが、ピコ太郎氏の人気動画『PPAP』の広告収入は一体いくらぐらいの稼ぎを生み出しているのだろうか…(;・∀・)?

YouTube動画は1再生あたり、0.1円程の広告収入を受け取ることができると言われているが、個人差は大きいという。

また、一分の情報によると…

YouTubeは質の良い動画に対して高額な広告収入を支払う傾向(単価が高い広告を掲載する傾向)があるといわれており、ピコ太郎の動画は世界的に大ヒットしていることから、1再生につき0.5円はもらっていると推測される。

出典元:http://papipu2ch.blomaga.jp/articles/121417.html

なんてことも言われいる。

仮にピコ太郎氏の動画『PPAP』の広告収入が1再生0.5円だった場合、今後6千万再生を達成した際の広告収入は3000万円にも及ぶと推測される(;・∀・)

もちろん、この金額は単純計算ではあるが、数分以内で考えられたという動画がこれほどまでの収益を生み出すとは、本人も予想外の出来事だっただろう。

それでは、今回はこの辺で!

またKAZUKICHI LIFEに遊び来てくださいね〜☆

スポンサードリンク