三次ゆりかのギャル時代がかわいい!ヤンキーで元夫がいた経歴とは【画像】

三次ゆりかのギャル時代がかわいい!ヤンキーで元夫がいた経歴とは【画像】

4月29日放送の『明石家さんまの転職DE天職』に江東区議会議員の三次ゆりかが出演する。

なんでも昔は金髪でギャル時代を過ごしていたなんて経歴の持ち主。

一部でかわいいと評判も高いようだが、はたして若い頃のギャル姿はどんな容姿だったのだろうか。

また、ヤンキーで元夫もいるなんて話も一緒に迫っていきたいと思う。

スポンサードリンク

三次ゆりかのギャル時代がかわいい

現在、江東区の区議会議員として活動を行っている三次ゆりか。

23歳で出産を経験し、産後うつ病にまで陥ってしまったという彼女。

子供の預け先がなかなか決まらず働くことができなかった経験を糧に、現在は区議会議員として活動しているそうだ。

さて、そんな三次ゆりかがバラエティー番組に出演するとのことだが、以前からなにかと彼女の経歴はネットを賑わせていたみたいだ。

というのも、昔は金髪でギャル時代を過ごしていたというのもあり、区議会議員としては異例中の異例とも言っていいほど青春時代ははっちゃけていたとのこと(笑)

早速、三次ゆりかのギャル時代の写真をネット検索にかけてみたところ、以下の画像がヒットしたのでご紹介しておこう。

三次ゆりかのギャル時代画像はコチラから1

三次ゆりかのギャル時代画像はコチラから 2

1枚目の写真はオラオラ系雑誌としても有名な『SOUL JAPAN』とファッション雑誌の一部。

三次ゆりかの経歴を見ると、過去には雑誌モデルも行っていたということなので、本人で間違いないだろう。

金髪じゃないのは少々残念だが、これは紛れもないギャル時代だ。

ギャルということは置いておいて、この頃から容姿は良い印象。

確かに現在かわいいと言われる理由がよくわかる。

そして、三次ゆりかの若かりし頃の経歴は探ってみると、過去にオラオラ系雑誌にモデルとして出演していた理由もなんとなくわかってきたわけだが…。

スポンサードリンク

三次ゆりかのヤンキーで元夫がいた経歴とは

さて、現在区議会議員でありながら、若い頃はギャル時代を過ごしていたという三次ゆりか。

しかし、彼女の過去はギャルというだけではなく、ヤンキーだったという話も存在する。

その噂が事実とも言えるエピソードがとあるサイトに掲載されていた。

「17歳の夏にバイクで事故に遭い、頭蓋骨を骨折し脳挫傷を負ったんです。バイクに乗っていたはずなのに、気づいたら病院の集中治療室でベッドの上。

『ドラマみたいですごい!』と『頭がすごく痛い!』、二つの意識が両立していました」

引用元:https://nikkan-spa.jp/1205188/3

ヤンキーという話もあながち間違っていないのかもしれない…(笑)

そして元夫がいたという話だが、三次ゆりかは23歳のときに出産した子供の相手である旦那とは、産後2ヶ月程で離婚。

どうやら相手は一般人だったようだ。

その後、2015年に11月に東京都議会議員である音喜多駿(おときた しゅん)と再婚をしている

三次ゆりかと音喜多駿の画像はコチラから

さて、三次ゆりかの経歴を探ってみると波乱万丈の人生を歩んできたようだが、過去に辛いシングルマザー時代を経たからこそ、現在の職に就くきっかけとなったわけだ。

また、その経験こそが原動力となり、三次ゆりかという区議会議員の1人を創り出している。

良いことも悪いことも、過去の積み重ねが未来の自分へと繋がっていくと言えるだろう。

スポンサードリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)