大桃美代子が若年性白内障の手術を受けた病院の名前や場所は?担当医は誰?

大桃美代子 若年性白内障 手術 病院 名前 場所 どこ 担当医 誰

3月14日放送の『私の何がイケないの?』にタレントの大桃美代子さんが出演しますね!

なんでも大桃美代子さんは若年性白内障を患っていたそうで手術を受けていたそうです(;・∀・)

若年性白内障とは一体何なのか?

また、大桃美代子さんが手術を受けた病院の名前や場所、担当医は誰ったのか気になったので調べてみることに。

スポンサードリンク

大桃美代子が患った若年性白内障とは?

白内障と聞くと『高齢者が患う病気では?』と、大桃美代子さんが白内障を発症したことに少々疑問を抱く方もいるかもしれませんね。

僕も『なぜ大桃美代子さんの年齢で白内障!?』と正直ビックリしたのですが、そこには若年性白内障という病気が存在したようです。

そもそも白内障というのは、ピントを合わせる役割している水晶体という部分が白く濁ってくる病気。

初期症状はほぼないようですが、白内障が進行すると『目がかすむ・複視・眩しい・視力低下』という症状が現れます。

では、加齢とともに発症し高齢者にも多い白内障と大桃美代子さんが患った若年性白内障にはどうのような違いがあるのか?

それは、20〜30代もしくは10代という若さで発症する部分が関係しています。

若年性白内障はその名の通り、加齢性の白内障と違い若い人が患うものを言いますが、大きな違いは年齢だけでなく『進行スピード』です。

若年性白内障は進行スピードが非常に早く、加齢性の白内障と違い水晶体が濁ってくるスピードが早いと言います。

水晶体が濁るのを放置していると緑内障にも繋がり痛みを生じるほどまでになると言われています。

正直、白内障と聞くと若い世代には関係ない病気だと思っていました(;・∀・)

ですが、10代でも発症する病気ということで今回の件で白内障という病気の怖さを再確認しましたね_| ̄|○

大桃美代子が若年性白内障の手術を受けた病院の名前や場所は?

大桃美代子さんは既に白内障の手術を受けられているとのことですが、一体どこの病院で手術を受けたのか?

調べてみたところ。病院の名前は『日本橋白内障クリニック』というそうです。

場所は以下のとおりです。

住所:東京都中央区日本橋室町2丁目4-1 浮世小路千疋屋ビル(YUITO ANNEX)3階

スポンサードリンク

大桃美代子の若年性白内障を担当した医師は誰?

大桃美代子さんの若年性白内障の手術を担当された医師は上記に書いた病院『日本橋白内障クリニック』の『赤星隆幸』先生とのことです。

ちなみに、この先生は白内障分野ではかなりの実力の持ち主だと有名だそうです(`・ω・´)

国内だけではなく世界的にも知られる医師とのことで、大桃美代子さんの担当医はかなりの実力者みたいです。

大桃美代子さんの担当医は独自の手術方法で白内障手術に20分以上の時間が掛かっていたところをなんと4分という早業で手術を行い、患者にも負担の少ない手術なのが目に見えてわかります。

白内障の手術後は後遺症が残る可能性もあるみたいですが、短い手術のおかげで後遺症が残りにくいとも言われているようです。

もしも白内障を患ってしまった場合は是非1度検討してみるのもいいかもしれません。

それでは、今回はこの辺で!

またKAZUKICHI LIFEに遊び来てくださいね〜☆

スポンサードリンク